Now Loading...

WDCGGにログインする

 WDCGGとは

温室効果ガス世界資料センター (WDCGG) は、世界気象機関 (WMO) の全球大気監視 (GAW) 計画の下に設立された世界資料センター (WDC) の1つで、 気象庁 (JMA) において運営されています。

WMOからの要請を受けて、 1990年に気象庁に設立されました。

CO2、CH4、N2O などの長寿命の温室効果ガスは、地球温暖化に大きな影響を与えています。 これらの温室効果ガスの状態について、大気中濃度だけでなく吸収源・放出源を含めて把握することは、緩和・適応政策策定の基礎であり、 そのためには、共通の基準と均一な品質を備えた世界各地の正確な長期観測データが必要です。 これらに関する研究を促進するため、WDCGGを含む各世界資料センターでは、保管するデータを世界中の研究コミュニティが自由に利用出来るようにしています。

 WDCGGの機能

WDCGGでは、GAW計画の下で大気や海洋において観測された温室効果ガス (CO2, CH4, CFCs, N2O, など) と 関連するガス (CO など) を収集・保管・配布しています。

また、WDCGGは、WMO情報システムのデータ収集・プロダクトセンター (DCPC) としても運用されています。

当サイトは、データ提供機関 (contributors) から提出された温室効果ガス観測データの提供や更新を目的として運用しています。 データ提供機関の多大な支援により、WDCGGはGAWネットワークの発展とともに広範なデータアーカイブを構築してきました。

 WDCGGの目的

WDCGGの目的は、科学的な研究や評価、地球温暖化などの環境問題への対応政策の支援、 最終的には社会の環境リスクの低減に向けての貢献と、関連する環境条約の要請への対応です。

 WDCGGの活動

1990年の設立以来、WDCGGはその目的を達成することを第一に業務を行ってきました。 さらに、WDCGGはGAW実施計画及びGAW戦略計画に従って、運用と機能を向上させてきました。
 現在のWDCGGの運営は次の4つの機能から成っています。
  • GAW観測ネットワークや関連する国際研究プログラムからのさまざまなプラットフォームの温室効果ガスと 関連するガスの観測データや付随するメタデータを収集すること
  • 検証の後、既知の品質のデータを長期利用のため保管すること
  • アーカイブデータを利用者がインターネットを通じて自由に利用できるようにすること
  • より信頼性の高い監視とデータ解析を促進するため、付加価値プロダクトと利用者支援情報を提供すること

 WMO WDCGG データサマリー
WDCGGでは、温室効果ガスと関連するガスの大気中濃度の長期傾向や季節変動を解析し、 WMO WDCGG データサマリー (英語) に毎年の概要を掲載しています。

 WMO 温室効果ガス年報
WMOでは、WMO 温室効果ガス年報 (リンク先は、気象庁ホームページ内の和訳ページ) を発行し、主要な温室効果ガスの最新の傾向と大気中の濃度を報告しています。 データ提供機関の多大な支援を受け、WDCGGは温室効果ガスの全球解析結果を提供することで、この年報に大きく貢献しています。

 WDCGGの変遷

温室効果ガス世界資料センター (WDCGG) は、1990年10月に気象庁 (JMA) において設立されました。 GAW 世界資料センター (WDC) は現在7つのセンターが活動しており、それぞれ、温室効果ガス、オゾン・紫外線、降水化学成分、エーロゾル、反応性ガス、太陽放射、リモートセンシングを担当しています。

GAWネットワークは、国連気候変動枠組条約 (UNFCCC) に基づき組織観測を促進する全球気候観測システム (GCOS) の大気化学成分 (CO2、 CH4他) の担当として位置づけられています。 2006年10月のGCOS/GAW間の合意に基づき、より信頼性の高い監視やデータ解析を促進するために、 WDCGGはデータ管理とこれらの種類のガスに付加価値を与えたプロダクトの配布の責任を負っています。

2002年10月、WDCGGは地上オゾン世界資料センター (WDCSO) の役割をノルウェー大気研究所 (NILU) から引き継ぎました。

しかし、2016年1月1日、反応性ガス (CO以外) のデータセンターの役割は、NILUが新たに設立したWorld Data Centre for Reactive Gases (WDCRG)正式に移りました。

2016年1月1日以前にWDCGGに提出された反応性ガスのデータはWDCRGに移管中です。
この過去データは、当分の間、こちらから入手可能です。

 GAWについて

WMOの全球大気監視 (GAW) 計画 (http://www.wmo.int/gaw) は、 全球大気化学観測、解析、全球大気組成の変動や気象、気候、水象、環境への影響に関する科学的アセスメントに寄与することを目的としています。 GAWは全球気候観測システム (GCOS) の大気組成領域の中で、温室効果ガス、オゾン、エーロゾルといった必須気候観測要素に関連する活動を実施する主導的な計画です。 また、総合的な全球大気化学観測や温室効果ガス、オゾン、エーロゾル、反応性ガス、降水化学成分に関する研究を促進する 全球地球観測システム (GEOSS) にも大きく貢献しています。

GAWの使命は以下の通りです。
  • 社会への環境リスクを減らし環境条約の要求に対応すること
  • 気候や気象、大気質を予測する能力を強化すること
  • 環境政策を支援する科学的評価に貢献すること

上記の使命を、次の事項を通して行います。
  • 大気の化学組成や特定の物理的特性の全球的で長期の観測を維持すること
  • 品質保証や品質管理に重点を置くこと
  • 利用者に統合的なプロダクトや適切なサービスを供給すること


 WMO ウェブサイトへ
このページでは、当サイトで取得可能なデータの最新の統計情報を掲載しています。

 データ提供機関

合計
データ提供機関及び協力機関数 140
データ提供機関数 (データ提出を行っている機関) 69
 詳細を見る (英語)

 観測地点/モバイル観測点

固定観測点 モバイル観測点 合計
観測地点数 172 33 205
観測地点数
(同一観測地点をデータ提供機関別にカウントしたのべ観測数)
224 35 259
 詳細を見る (英語)

 要素

合計
要素数 (データ取得が可能な要素) 56
 詳細を見る (英語)

 国/地域

REGION I (Africa)
REGION II (Asia)
REGION III (South America)
REGION IV (North and Central America)
REGION V (South-West Pacific)
REGION VI (Europe)

REGION I REGION II REGION III REGION IV REGION V REGION VI ANTARCTICA MOBILE 合計
国/地域 10 13 5 5 6 25 7 6 56
 詳細を見る (英語)